読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とは?の豆知識

管理人が生活をしていく中で出会った様々な「◯◯とは?」を検索して解決したものを備忘録のような形で綴っていきます。

世界中で水について考える、世界水の日とは?

記念日 記念日-世界水の日

世界水の日って一体どういう日?

世界水の日は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットアジェンダ21で提案され、翌年、国連総会で3月22日を「世界水の日」にすると定められました。

http://www.ne.jp/asahi/onebow/run78/diary/img/2005100601b.jpg

画像引用元:http://www.ne.jp/

この日に国連加盟各国では、水や水資源の持続可能な開発に関連する取り組み・企画を催しでおり、世界全体で水に関連した活動を行う日と位置付けているようです。

水は、我々人類を含むあらゆる生物の活動の源であり、水なしでは日常生活や経済活動を営むことはできません。人間の歴史は水の恵みのもとで始まり、水に支えられて発展してきました。
 特に我が国では、世界の他の地域に比べて降水量が多いこともあって、生活、週間、文化などにも水とのかかわりが色濃く反映されています。
 そして、今日、我々の生活水準が向上し、経済社会が高度化してきたなかで、水はますます我々の生活にとってかけがえのないものになっています。
 
 このような水の大切さを、我々はともすれば忘れがちです。今後、より豊かで潤いのある生活を送るためには、各人それそれが水の大切さを自覚し、その貴重さを踏まえた行動をとることが必要となっています。

このように、水・水資源だけではなく地球全体を考えた取り組みを行うことが求められています。