読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とは?の豆知識

管理人が生活をしていく中で出会った様々な「◯◯とは?」を検索して解決したものを備忘録のような形で綴っていきます。

交通事故の過失割合とは?

交通事故 交通事故-過失割合

交通事故の時によく聞く「過失割合」とは?

f:id:suzukitya:20160411021024j:plain

交通事故の過失割合とは、事故が発生した際のその責任(不注意、過失)の割合のことです。もし、当事者双方に過失のある場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話し合って過失割合を決定します。

 

この話合いで基準になるのは過去の裁判例で、実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として実際の事故に応じて決定をします。事故はタイプごとに大まかな基本割合が決まっているのでそちらを参考にしてみましょう。今回はいくつか事例をご紹介します。

 

①青信号で横断歩道を渡る歩行者と赤信号無視の四輪車の事故

歩行者が青信号で横断を開始し、四輪車が赤信号で交差点に進入した場合の過失割合

基本過失割合

横断歩道上に歩行者がいる場合には歩行者は強く保護されています。 なので、青信号で横断を開始した横断歩道上の歩行者には、原則としてどのような状況であっても過失がありません。 そのため、赤信号無視の四輪車に100%の過失があります。

 

②青信号車と赤信号車の事故

信号機のある交差点での直進車同士の事故の場合です。A車が青信号、B車が赤信号で交差点に進入した場合の基本過失割合です。

基本過失割合

信号機のある交差点では、当然信号に従わなければなりません。 そのため、青信号で交差点に進入したAには過失がありません。 赤信号無視のBに100%の過失があります。 ただし、信号の変わり目に起きた事故では、Aにも過失が発生する可能性があります。

 

事故を起こしたら専門家に相談しましょう

f:id:suzukitya:20160407204955j:plain

この他にも様々な基本過失割合があります。予め自分で調べることもできますが、交通事故の場合は専門家に相談したほうがいいです。少しの証言で自分が不利になる場合があるので気をつけましょう。

 

関連記事

交通事故の過失割合は警察が決める?

過失割合の決定方法とは?

交通事故証明書には過失割合は書いてありますか?